人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バイラム2日目はコンラッドホテルへ。

無料の交通機関の混雑ぶりにうんざりし、バイラムの2日目は歩いて行ける範囲への外出先として、コンラッドホテルのサミットバーへ行きました。

今はレストランがバカ高いから、夕食を家で済ませて食後のお茶に行くには、近くにあるコンラッドホテルはピッタリです。幸い、窓際のテーブルが空いていました。

バイラム2日目はコンラッドホテルへ。_a0390790_06421048.jpg

きれいな夜景だけでなく、このバーは心地よい音楽が流れていて、食後の2、3時間をゆったり過ごすにはちょうどいいです。

私たちはアルコールは飲まないから、コーヒーなど飲み物を4つ注文しました。勘定書きに3つしか書いてなかったからウエイターに言ったら、私たちからのサービスにしておいて、と言われました。五つ星ホテルでは時折こういうことがあります。それでチップを2倍にして、20%渡しました。たまにはいいことがあります。

# by istanbulnikki | 2024-04-16 06:36 | バイラム(お祭り) | Comments(0)  

バイラム初日はバラットへ。

ラマザンが終わる日を一日間違えていて、ラマザンピデを買い忘れたと思っていたらまだ一日あって、夫が3枚買って来てくれたので、冷凍しました。

バイラム中は公共交通機関が無料。夫が金角湾に行こうというので、船でウスキュダルに渡り、金角湾行き船に乗りました。乗り場はすごく混んでいて、入場制限しており、私たちはぎりぎりセーフ。みんなオープンデッキのほうが好きだから、船の中は空いています。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05092942.jpg

ガラタ橋の下を通りました。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05121988.jpg

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05130576.jpg

この坊やはずっとゲームに夢中。お父さんは居眠りです。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05142812.jpg

ガラタ塔が見えます。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05150124.jpg

バラットで下船し、町を散策。古い砂糖菓子屋さん。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05161635.jpg

かわいいカフェや、土産物屋が並んでいます。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05171191.jpg

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05180847.jpg

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05183175.jpg

奥に見える立派な建物はギリシャ正教の教会です。

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05200728.jpg

バラットの船着き場。帰りも船でウスキュダルへ戻り、今度はバスに乗り、チェンゲルキョイへ向かいましたが…

バイラム初日はバラットへ。_a0390790_05205785.jpg

バスは満員だし、交通渋滞で普段の3倍掛かり、ゲンナリ!お目当てのお菓子屋さんで休憩して、すぐに帰りました。夜10時過ぎていても、通りにはたくさんの人がいて、レストランも混んでいました。バイラムパワーに辟易! 明日は出かけないでおこうと決めました。

# by istanbulnikki | 2024-04-14 05:00 | バイラム(お祭り) | Comments(0)  

コーラスに没頭

去年から参加しているコーラスグループで、プッチーニのミサ·デ·グロリアを練習しています。45分ほどの曲で、かなり難しいです。音が取れない箇所がいくつもあり、音源を聞きながら確認し、やっと自分のものにできたかな? しかし、速さがあちこちで変わるから、しっかり指揮者を見て、集中しないときちんと歌えません。ずっとそのグループで歌っている人も、こんなに練習した曲は滅多にないと言っています。みんなで作り上げていくのです。

こんなにコーラスに没頭したのは、何十年ぶりかしら。他に2つのコーラスグループもあるから、頭の中が音符でいっぱいです。

4月21日にイスタンブールヨーロッパ側で、5月12日にアジア側でコンサートです。

イスタンブールもやっと春になり、あちこちで花が咲き始めました。うちのシテの塀の藤もまばらだけど、咲いています。

コーラスに没頭_a0390790_05564824.jpg

# by istanbulnikki | 2024-04-07 05:13 | コーラス | Comments(0)  

庄司紗矢香さんのコンサート

昨日、本当に久しぶりにコンサートに行きました。CRR(ジェマールレシットレイコンサートホール)へ庄司紗矢香さんのバイオリンを聴きに。全く期待せず、夜の外出は面倒だなんて思いながら、バスで会場に向かいました。日本人が多く聴きに来ているだろうと思っていましたが、私を入れて7人だけ。領事館勤務の方(外交官)がお二人。残る日本人はみんな知っている方々。イスタンブールの日本人社会は狭いです。

庄司紗矢香さんのコンサート_a0390790_07121573.jpg

ホールはほぼ満席。チケットはQRコードですが、検査せず、スマホに表示された席を確認しただけなので、今日のチケットを買ってなくても入れそうです。いいんでしょうか、こんなに杜撰な検査で。日本ならきちんと読み取って検査するでしょう。私にはトルコ式が好ましいです。

トルコでは楽章が終わったときに拍手する人がいるので、指揮者が最初に曲とソリストの説明をして、途中で拍手しないように誘導。ソリストはパガニーニ国際バイオリンコンクールで優勝したことがあるという説明もあり、私は知らなかったから、期待度アップ!

演奏は本当に素晴らしかったです。オーケストラの面々もソロのときはじっとソリストを見つめていました。超絶技巧の演奏で、もしかしたらそれに惑わされたかもしれないけれど、40分間、濃密な音楽の世界に惹き込まれました。

どうして今まで庄司紗矢香さんのバイオリンを聴きに行かなかったのか、後悔しました。これからは機会があれば聴きに行きます。

帰りは歩いていたら、昔のご近所さんに遭遇しました。彼女も聴きに来ていたのです。我が家は12年前に今のところに引っ越したのですが、引っ越しの原因はそのご近所さん。最初は親切にしてもらいましたが、とても変な人たちだったのです。

しかし、懐かしくて、あれこれおしゃべりしてしまい、近いうちに会うことになりました。さてどうなることか?

# by istanbulnikki | 2024-04-01 07:03 | コンサート・お芝居 | Comments(0)  

引っ越し準備始まる

今住んでいるシテ(塀に囲まれた集合住宅)は建て直しの予定で、たぶん年末には空け渡さないといけなくなります。建て直しは2年くらい掛かるので、その間、どこかに引っ越しする必要があります。等価交換方式で建て直しなので、建築費用は建設会社負担。建設会社は上に建て増しになる2階分を自分のものにできます。うちのシテは庭も広いし、4階建ての低層建物が3棟。3階以上の海側の部屋は良い眺めです。

以前は住人の引っ越し先の家賃も建設会社負担でしたが、今はあまり期待できません。

この夏には建設会社が決まり、家賃補助があるか否かはっきりするでしょう。

とにかく引っ越しです。ものを減らさねば!

夫は不用品をせっせとネットで売りに出しています。最近売れたのは、アンティークのガラスのランプです。義母が存命中に子供たちにくれたもので、もう一つは義妹がもらいました。

引っ越し準備始まる_a0390790_05545693.jpg

60cmほどの高さのランプで、幸い割れた箇所なし。これが43000円で、売れたのです。わざわざコジャエリという町から骨董品屋さんが買いに来ました。義妹はイズミールに住んでいますが、義妹のランプも買いに行ったそうです。

夫は家にある絨毯や、キリム、自分が使っているアンティークの寄せ木細工の洋服タンスも売りに出しています。あまりの潔さに、普段は物に執着する私も、手放せるものを決めなければという気分になっています。売れるものは難しいので、断捨離。大事なものは、この夏帰国時に、持って帰ります。

# by istanbulnikki | 2024-03-30 05:27 | マンション建て替え | Comments(0)